プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2017年07月06日

r*cove life~①フランスで見た豊かな暮らし~

みなさんが思い描く理想の暮らしとはどんなものですか。

 

 

旅や映像や小説で記憶に残った暮らしのシーンはありますか。

 

 

さまざまな国の住まいから日本でも役立つアイデアを持ち帰るため、最近は年に一度のペースでヨーロッパに出かけています。工法や建材のことなど現地のガイドさんの説明を聞きながら家々をめぐっていると、そこに住む人たちのライフスタイルに感心させられることがよくあります。

 

 

 

 

初めてのヨーロッパの旅行で南フランスに行ったときは、おもに歴史のある古い街を訪ねました。17世紀頃の建物が数多く残るエクス=アン=プロヴァンス、カラフルな家々が地中海沿いに立ち並ぶ港町のマルセイユ、見わたすかぎり赤いレンガ屋根が広がるアルル、いずれもフランスが世界に誇る美しい街です。

 

 

 

 

 

どの街にも古い石畳の路地が巡り、沿道には何十年、何百年も前からそこに建っていそうな石造りの家々が並んでいます。あめ色になった柱やほどよく風化した石の窓枠、鈍く光るドアノブひとつとっても歴史が感じられ、自他ともに認める「建材オタク」の私は興奮しっぱなしでした。

 

 

 

 

そんな私が彼らの「暮らし方」に興味を持ちました。

 

 

彼らはお金をかけずに生活を楽しむのが上手です。たとえば近所の人や友人たちが集まるホームパーティーではみんながお菓子や料理を持ち寄ります。テーブルの上には、いつも冷蔵庫にあるような材料でつくった素朴な料理ばかり。

 

 

それを囲みながらああでもこうでもないとワイワイとやるのです。

 

 

手間を手間とも思わずに、自分の手でつくることが当たり前だという感覚。高級食材が手に入ったからとか有名店のケーキを買ってきたからというようなイベント的な感じではなく、いつもの生活の中にあるお楽しみの時間。フランス人の暮らしってなんて豊かなんだろうと思いました。

 

 

 

 

彼らにとって何よりも大切なのは、人とのコミュニケーションです。

 

 

食材や雑貨などの露店が集まる「マルシェ」では、店員や知り合いとおしゃべりを楽しむお客さんの姿があちこちで見られます。それはもうにぎやかなもので、ほとんどおしゃべりに来ていると言ってもいいくらい。フランスで自動販売機が普及しないのは、話好きの彼らにとっては物足りないからなのかもしれません。

 

 

 

 

そういえば私の2度目のフランスの旅は、日本で知り合ったフレデリック・ベルデルというフランス人建築家とともに彼の父親の家を訪ねるという不思議な2人旅だったのですが、彼の親戚やら友だちやら知り合いのパン屋さんやらが次々とやってきて自分たちの家や店に案内してくれたのには少し驚きました。彼らは私を前からの知り合いのように迎え入れ、ワインを飲み、語り、にぎやかにもてなしてくれました。

 

 

 

 

お金を使うことで幸福感や達成感を味わうのではなく、日々の生活を楽しもうとするフランス人の生き方には見習うべきものがあります。私は建築人として、彼らのような価値観にふさわしい家を日本でつくりたいと思ったのです。

(②につづく)

2017年06月19日

もっと自然体で漆喰を使おう

皆さんご存知の通り、私は住宅の内装材として漆喰をイチオシしています。

 

 

漆喰は、人間の体に害のない自然素材だけで作られた伝統的な塗り壁材です。 耐火性、調湿性、耐久性、断熱性、風合いの良さなど、優れた能力は数え上げればきりがありません。

 

 

ただ、漆喰に取り組み始めた頃は、デザイン性が気になりました。 日本では昔からお城やお蔵に使われてきた漆喰は、伝統的な和風建築に使われるものというイメージがあり、人気の高いヨーロッパ風のデザインには向かないと思ったからです。

 

 

しかし、それは杞憂でした。 なぜなら、本物のヨーロッパの家の壁は漆喰が当たり前だったからです。 「しゃれたビニルクロス」を貼った日本製の「洋風建築」に、いかに自分が洗脳されていたかをあらためて思い知らされました。

 

 

実際にヨーロッパを訪れてみると、漆喰が生活に溶け込んでいることがわかります。 何代にもわたって使われてきた漆喰壁からは、一族の絆(きずな)や物を大切にする心が感じられ、とても癒されます。 漆喰は、安全性や耐久性といった物理的な長所だけでなく、今の日本人にとって必要な人間らしい豊かな感覚を呼び覚ましてくれる素材だったのです。

 

 

しかし、実際に使うには困難がありました。 やはり、一度すたれただけのことはあって施工がとても面倒なのです。

 

 

伝統的な漆喰は、何度も重ね塗りするので手間とお金がかかります。 建材カタログを見ると「一度で厚塗りできる漆喰」なるものがあって、私も当時は「便利な製品があるもんだ」と思っていたのですが、よくよく見ると厚塗りを可能にするために合成樹脂などの化学物質を添加した「漆喰”風”壁材」でした。

 

 

「漆喰本来の長所を保ったままで、施工の簡単な漆喰を手に入れるには、自分で作るしかない」

 

 

そんな使命感に駆られて2004年に取り組み始めたのがオリジナルの漆喰の開発でした。 漆喰の改良は今や私のライフワークの一部となりましたが、知れば知るほど漆喰は今の時代の家づくりにふさわしい建材であると思わされます。

 

高知の伝統的な塩焼き消石灰製造過程

 

その素晴らしさをぜひ多くの人に知ってもらいたい。 それが安江工務店が「無添加厚塗りしっくい®」を世に出し、新築住宅では標準の内装仕様で5mm厚以上の漆喰を塗り、リフォームにおいても積極的にご提案している理由です。

 

 

もちろん、価格がリーズナブル(お値打ち)でなければ使えません。

当社の「無添加厚塗りしっくい®」は、他社の半分以下の厚み(2mm厚以下)の漆喰と比べると、厚いのにも関わらず「安い!」を実現しています。

 

 

これは、漆喰を建材メーカーから買うのではなく、オリジナルで作っているから、そして食べられる自然素材を使用して一度塗りで厚く塗られるように工夫してあるからなのです。

 

 

次回からは、私が以前訪れたヨーロッパの暮らしを見て、感じたことを書いてみたいと思います。

back to top