プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2017年04月11日

沖縄で漆喰シーサー作りを学ぶ

先日、某住設メーカーさんの招待旅行で、沖縄に行ってまいりました。

 

 

その日程の中で、自由時間が取れましたので、以前からチャンスをうかがっていた本格的な漆喰シーサーづくりを指導してもらいに北中城村に行ってきました。

 

 

漆喰シーサーは、沖縄独特の赤瓦の破片を組み合わせて骨組みを作り、「ムチ」と呼ばれる沖縄漆喰を塗りつけながら形作ってゆきます。

 

 

 

 

現在は作家ものの作品もお土産屋さんなどで売られていますが、元々は瓦職人さんが家主さんから仕事を請け負い、屋根の工事が終わった後、家主さんにお礼の気持ちを込めて職人自らが、その工事で余った瓦と漆喰で、シーサーを作ったものなのです。

 

 

ですから、屋根に乗ってるシーサーを見れば、どの職人さんが屋根を葺いたか分かるといわれています。

 

 

 

 

沖縄での屋根工事は、夏の太陽による炎天下の元、キツイ屋根勾配で重たい瓦を葺くということになり、大変つらい仕事だと思います。

 

 

しかし、そんな中で家主さん(お施主さん)にお礼の気持で漆喰シーサーを職人さんが作る、、、、そんなストーリーに私は惹かれたのかもしれません。

 

 

そういったこともあり、このたび北中城村で職人さんにご教授いただく機会を得たのです。

 

 

下の写真は、北中城村の職人さんの作品

 

 

 

 

沖縄の漆喰は、藁(ワラ)が入っていて最初は黄土色をしているのですが、半年もたつと白くなり、何年も期間を経ると下のように黒くなってきます。

 

 

 

 

まずはじめに、瓦を様々な形に割ってゆきます。

 

 

 

 

割った瓦を針金でつなぐために、ドリルで穴を空けます。

 

 

 

 

割って穴を空けた瓦を針金でつないでゆきます。

 

 

 

 

これが、針金でつなぎ、仮止めしたところ。

 

形になってきましたね。

 

 

 

 

ここにドンドン漆喰を塗りつけてゆく…

 

ここからがセンスの見せ所ですな。

 

 

 

 

職人先生の御指導もあり、迫力のある漆喰シーサーができました。

 

乾いた後、送ってくださいます。

 

 

 

 

こちらに届いたら、色塗りを行います。

 

たのしみ、たのしみ…

 

 

当社の「無添加厚塗りしっくい®」を使った、小さな漆喰シーサー作りのイベントも開催したいと思っています。

 

瓦の代わりに、素焼きの植木鉢が使えそうですね。

back to top