プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2015年10月19日

一宮でオリーブ盆栽展

今週末、10月24・25日(土・日)は、安江工務店一宮店でオリーブづくしのイベントがあります。

 

当日は、「オリーブ盆栽展」や「オリーブ盆栽教室」、「オリーブオイルテイスティング」、「オリーブの木のストラップづくり」「オリーブシロップ漬け」などなど、まさにオリーブづくしの2日間です!

 

詳しくはこちらをご覧ください。

一宮店オリーブ収穫祭詳細

 

 

 

そこで開催されるオリーブ盆栽展に、なななんと私の作品も一席展示させていただくことになりました。

 

 

こいつです!

 

〇こいつをどうする

 

 

 

この写真は、9月初旬の様子。

 

この時点では、まだ養生鉢に植えてありましたので、展示用の鉢に植え替えたいと思っていました。

 

しかしいい鉢がなかなかないのです。

 

イメージはイタリアや南フランスの田舎町に何百年もシンボルツリーとして存在しているオリーブの大木、そんな感じです。

 

そのための鉢をどうしようか、イメージはあるのですが、売っていない…

 

 

売っていないモノは作るしかない!

 

そこで活躍するのが、サンゴ石(コーラルストーン)です。

 

サンゴ石は当社のオリジナル商品として、オリジナルしっくいと合わせてよく使用されています。

 

これは表面がデコボコした「ラフ」タイプ。

 

 

ファイル 2015-10-17 14 46 06

 

こちらは、表面が平らな「フラット」タイプです。

 

ファイル 2015-10-17 14 45 50

 

 

 

 

さっそく、みよし市にある某三貴フラワーセンターでFRP製の鉢を購入しました。

 

ココはよく私は素材仕入に参ります。

 

①FRP製鉢

 

 

 

 

 

このままでは鉢が深すぎるので、金ノコでギコギコ大胆にも切ってしまいます。FRP(ガラス繊維と樹脂)でできていますので、結構簡単に切ることができます。

 

②鉢の高さカット

 

 

 

 

 

さて、ここで「サンゴ石」の登場!

このサンゴ石は、太古の昔、海にあったサンゴが圧力で塊になって石化したものです。よく見ると、貝殻などの化石が見えますよ。

これがもっと固く固まると、石灰岩、もっと固まると大理石、というイメージで良いと思います。

石灰岩は漆喰の原材料ですから、サンゴ石(コーラルストーン)も漆喰も同じ素材なのです。

 

今回は「ラフ」のタイプを使用します。

 

③サンゴ石を用

 

 

 

 

 

ここからが大変です。

チスやタガネ、時にはペンチも使ってガンガン割ったり削ったりしてゆきます。

石灰岩や大理石よりは数段密度が荒いので柔らかく、比較的簡単に割ることができます。

 

④チスやタガネでカット

 

 

 

 

 

 

鉢にぐるりと石を貼ってゆくイメージをしながら、割ったサンゴ石を並べて徐々に石の形を整えてゆきます。

 

 

⑤鉢に貼るイメージ

 

 

 

 

 

一番上の部分は特に目立ちますので、慎重に並べて、完成時のシミュレーションをしています。

 

⑥一番上の部分

 

 

 

 

 

 

鉢と石を接着するために何を使おうかといろいろ考えましたが、速乾性と強度がある2液性の接着剤を使用して、石を積んでゆくようにFRP製の鉢に貼ってゆきます。

1液と2液を混ぜるとおよそ5分ぐらいで全く揺るがないほど固まりますので、2液を練っては数個の石を貼り、練っては貼りを繰り返して一応の完成です!

パチパチパチ―

 

⑦鉢に石を貼った

 

 

 

 

 

なかなかいい感じなのですが、何というか、何百年も経った感じがしない、という事で、このあとに身近な材料で「あること」をやってみましたよ。

 

そのあることとは…

 

次回に続く…

 

2日後にアップします!

 

 

back to top