プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2015年05月19日

2025年問題ってご存知?

みなさんご存知の方も多いかと思いますが、2025年問題というのが巷でよく話題になっています。
この2025年問題が何かといいますと、いわゆる団塊の世代の方々が後期高齢者になるお年なのです。

2025年、、、今から10年後。

 


この2025年に向けまして、先見の明があるといいますか、賢いといいますか、早めにやっておこうと思われる方が多くいらっしゃいまして、『もし自分が介護になった時に、家族以外のどこかに頼らなくてはならない』、と思われる方が多くいらっしゃるのが、この団塊の世代の方です。

自宅で老後を過ごすのではなく、老人ホームに入られる決断をされた方の中には、もうすでに有料老人ホームを探し始めている方が多くいらっしゃいます。
確かに、こうやって早いうちに押さえられてしまうと、良いところとか、人気があるところは、すぐに埋まってしまう事になってしまいます。

 

たしかにそうなんですね。私が研究のために下見に訪れた愛知県の有料老人ホームで、人気があるところは、設備面が良いとか、運営している企業が大手だとか、ということで注目されることが多くあり、そこに人気が集中するというのが現状です。
ただし、お元気な時は、そういったものを注目して選んでいただいて構わないんですけども、介護が必要になると、その2つメリットは何の役にも立たないというのも事実です。
大事なのは、介護が必要になった時の対応、というのが有料老人ホームなんですね。
そうはいっても、「そんなことして、いつ介護になるか分かんないじゃないか!」とおっしゃる方、たしかに多くいらっしゃるんです。

 

たしかに分からないです…

 

もしかしたら、私もすぐ明日、介護が必要になってしまうかも…

あるいは、ずっとならないでお元気でいられる可能性もあるかもしれません。
ただし、それは誰にも分からないので、準備だけはしておかなくてはならないのが今の実情なのです。
そうなった時のために、早い方は、もう自立、つまりお元気なうちに、ホームを探して、入ってしまおうという方もよくいらっしゃいます。
お元気な時に入るメリット、それから、介護が必要になってから入るメリット。  それぞれあります。
ただし、その2025年問題を踏まえて、先立ててホームを探して元気なうちに入っちゃう、もしくは、目星をつけておいて、予約だけは入れておく。

 

そして予約の順番が来た時、必要だったら入るっていうようなやり方をされている方もいらっしゃいます。

ただし、さっさと入ってしまう方が多くいらっしゃるので、人気があるところは、もうそこで満室。一回入ってしまうと、今ご高齢の方、前にも書いたように、お元気なんですね。
90歳でもバリバリ元気。

 

入居したら、しばらくお元気ですので、亡くならない限りは、そこは空かないんです。
そうなると、空くまで待つ。

 

待ってるうちに、介護が必要になり、自分が希望じゃないホームに仕方なく入る、というような現状が起こり得ます。

今も、起こっております。
ですから、まずは終の棲家をどうするのか早めに考えて、それがご自宅ならその準備を早めに、あるいはホームで暮らすなら良いホームをまずは見つけておいて、いつ入るかを、計画立てるということが必要になってくるのだと思います。

 

back to top