プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2015年05月14日

早めのリフォームのポイント

前回の続き…

 

これから先、自宅に住み続ける決断をしたのなら、将来に備えて早めのリフォームをすべきです。

 

なぜ早めのリフォームが良いのか、それは一日でも早く、そこから得られるメリットを享受することにあります。

それは大きく4つの点があるかと思います。

 

① まずは「安全性の確保」、家の中で転倒事故が多いのが、玄関ホールや居間です。

それから恐ろしいのが気温の寒暖差によるヒートショックによる体調不良。 これはトイレや浴室と洗面室との境で非常に起きやすいです。

リフォーム例) 段差解消、断熱性の高いユニットバスへの変更、トイレを広くするなど

 

② 「生活費の節約」、リフォームしたその時からガスや水道、電気代などを節約することができます。 長生きできることはありがたいことですが、それに比例し日々の支出も膨らんでいくものです。

さらに、転倒や体調不良で病院に通いがちにでもなれば医療費もかさみます。

リフォーム例) 内窓取付、断熱改修、省エネ設備に取替えなど

 

③ 「豊かな生活」を一日でも長く。 子育てや仕事もひと段落つき、日々の暮らしにゆとりが生まれ、趣味や仲間とのコミュニケーションが楽しめる住まいにリフォームすれば、心豊かな生活を長く楽しめます。

リフォーム例) 空き部屋を趣味室に、サンルーム増設やLDKを広く、キッチン取替えなど

 

④ 「健康的な生活」

失って初めてその大切さが分かる「健康」、でも知らず知らずのうちに体力や心身機能の低下はだれでも感じるものです。 体への負担が大きい住まいですと、日々の行動量も減りがちになります。 活動量が増えて健康的な生活が遅れることが大切です。

リフォーム例) 手すりの取付、階段昇降機の設置など

 

いかがですか、一日も早い住まいへの備えを考え、今のことだけでなく、将来を見据えた最適な選択をいたしましょう。

 

back to top