プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2012年03月08日

これからの住宅づくりで大切なこと

 

私たちの住む日本はエネルギーを他国にたよっていかなくてはならない立場だ。

 

今はぜいたくに使用できるエネルギーも、これからは価格が上昇し、生活を大きく圧迫するかもしれません。

 

そんなときに住宅づくりの仕事をしている私たちに何ができるかというと、究極目指すのは「ゼロエネルギー住宅」である。
※ゼロエネルギー住宅とはその住宅で消費されるエネルギー(マイナス)とその住宅で作られるエネルギー〈創エネ〉(プラス)の総和がゼロ以上になる住宅のこと

 

しかし、そのゼロエネ住宅を実現させてゆく順序があることを忘れてはいけない。

その正しい順序とは以下のようにやってゆくべきだ。

 

① パッシブ設計(パッシブデザイン) まずは快適で健康的な室内環境を実現させる。

・昼光利用 光を取り入れることで昼間の電灯をなるべく不要にする。
・自然風 卓越風を把握し窓の位置やウインドキャッチャーで夏夜間の風を入れる。
・日射遮蔽 夏の昼間の直射日光が部屋に入らないようにする。
・断熱や蓄熱 外部の気温から断熱すると同時に、中に取り入れた熱を貯める。
・日射熱利用 冬の昼間の太陽光を室内に取り込み室内を暖める。

② 高効率設備の導入で消費エネルギーをさらに減らす。

・高効率エアコンの導入、セントラル空調から個別空調へ変更など
・熱交換型換気装置の導入
・太陽熱温水器の導入
・潜熱回収型給湯器(エコジョーズ等)の導入
・自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器(エコキュート等)の導入
・適切な照明器具の選択や高効率照明器具の導入
・高効率家電の導入

③ 最後に太陽光発電などのパッシブ設備の導入(創エネ)で消費エネルギーをゼロ以下にする。

 

つまり、住宅づくりはある意味、投資なのだから、その順番をちがえないようにしなくてはならない。

 

まず我々がすべきことは、パッシブ設計・つまり風通しがよく温かく自然素材に囲まれた快適な住宅を作ること、である。その上で必要な設備を付けていく、そんな順序で快適で安心して住まえる住宅を提供してゆきたい。

 

 

back to top