プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2010年03月22日

我が家のガーデニング4(ビオトープとりあえず完成)

今回はビオトープを完成させます。

ビオトープは樹脂の箱のようなものや池の形をしたものを埋める方法が多く用いられますが、わが家の場合はより自然な形にしたいので防水シートを使った方法で作成します。

では、張り切ってまいりましょう。

大きめの穴を掘って、オーバーフロー用の排水は確保しましたのでここからはいよいよ防水シートを設置するのですが、イキナリはダメです。

シートに穴が空かないように、そこの部分の土の小石などを取り除き、不要な毛布などを敷き込みます。

0ab1a017.jpg

次に防水シートを敷き込みます。

防水シートはゴム系のものがある程度伸縮性があるものが周りの形状になじみやすいので良いと思います。

念のため2重にしました。

b9d7d0b0.jpg

池の真ん中に水鉢を入れておきます。

これは、小魚などが越冬をしたり、水底にたまった泥などを掻き出すときに便利だからです。

あと、湿地帯を作るために水底に段差を作りますので、土が流れないように麻袋に土を入れて置いてゆきます。

この麻袋は分解され土と同化してゆくと見込んでいます。

水底に土の部分がたくさん無いと豊かな生態系が形成されませんので、ビオトープにとっては水底の土はなるべく厚くしたいところです。

53df39c4.jpg

いよいよ注水します。

チョットどきどきしますね。

縁に石を並べてゆきます。

d38a345d.jpg

いちおう完成ですね。

最初に掘った大きさより、池の水面の部分がかなり小さくなっています。

防水シートのある土の部分はじめじめとした場所になっていますので、湿地帯などに生えている植物などが育てられます。

6eb0128c.jpg

このあとは、植物を植え込みます。

そして水に微生物が発生し透明度が増してきたところで生き物を放流します。

back to top