プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

QRコード

twitter

2011年02月24日

オイルピークってご存じですか?

最近の食料品の物価上昇は最近再び大きくなり、2月4日の日経新聞には2008年の世界的な食料価格の最高値を超えたと掲載されていました。

先日、私の親友からメールが届きました。

そこに書かれていたのは、日本の財政破綻や食糧危機についてでした。

そして、食糧危機について調べてゆくと石油ピークで食糧危機が訪れるという結論に至りました。

石油ピークとは何のことでしょうか?

石油が無くなること?

石油はまだあと40年くらい大丈夫だと言われてますよね?

石油ピークやらピークオイルという言葉を皆さんは聞かれたことがありましたか?

私も親友もありませんでした。

石油が減り始めてから行動したのでは全く遅いのです。

調べてゆくと、10年以内に石油ピークが訪れると思わざるを得ません。

石油ピークとは石油の枯渇のことではありません。

ある臨界点を超えて石油生産が旺盛な需要を満たせなくなり、石油価格が暴騰することをいいます。

その時、経済はパニックを起こすと専門化は警鐘を鳴らしている。エネルギーも食料も自給できない日本の未来を考えるとぞっとします。

対策として、自然エネルギーを推進するべきという正論はありますが、不安定な自然エネルギーだけで日本の人口は養えないと思います。

それでも石油ピーク時代に個人が私たちができることとして考えられるのは、暖房の燃料や電気代が高騰するなかで、可能であれば超断熱住宅を建てる、または現在の住宅に断熱補強をしたり風の進入を遮断したりすることがあります。

超断熱とは「どえりゃーすごい」断熱

VIVACEのセルロースファイバーによる壁内断熱と、ALC(軽量気泡コンクリート)による外断熱を合わせたダブル断熱もそういった取り組みの一つです

石油減耗時代に必要な会社となるために、脱・石油社会に適合したパッシブハウスなどの建築技術や設備の研究もとても重要かつ急務なことでです

我々が今できることを推進してゆくしかない…

※参考本「知らなきゃヤバイ!石油ピークで食糧危機が訪れる」石井吉徳著

back to top