プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

QRコード

twitter

2010年11月13日

軍艦島(端島)

先日のビルダー研修旅行のづづきです

研修二日目のコースでメインだったのは端島(はしま・通称軍艦島)のツアーでしょう

端島は長崎港から南西へ約19キロ沖合にある周囲やく1200メートルの小さなしまです

海底炭坑の島で、塀が島全体を覆い、構想鉄筋アパートが建ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ているので「軍艦島」と呼ばれるようになったそう

昭和49年に炭坑閉山したあと長く放置されてきましたが、2009年1月5日に世界遺産暫定リストに加えられ、近代産業の遺産として新たに注目を浴びています

DSC06444

そんな端島ですが、数年前から上陸できるツアーが行われてます

でも、話しによると気象的な条件が整わず、なかなか上陸ができないそうです

外海に面しているので波が荒く船を着けるには危険な場合が多くて1年の内上陸できる日は100日もないそうです

今日もどうなるのかどきどきしていました 天気は最高の青空です

というわけでまずは出港!

DSC06449

岩崎彌太郎を創始者とする三菱重工発祥の地です
大きな造船用デッキが見えます

船内でもまだ、上陸できるかは行ってみないと分からない旨の放送が…

DSC06460

島が見えてきました

DSC06462

DSC06451

どうやら上陸できそうです

DSC06463

DSC06465

つ、釣りやってる人がいる
個人的に来ることは可能のようです
(一応条例で無断上陸は禁止されている)

DSC06466

DSC06467

さあ上陸です

DSC06469

DSC06472

DSC06471

建物の劣化は相当激しく危険が伴うためコンクリートで固めた通路からはみ出して中を歩くことは許されていません

DSC06473

鉱山の指令中枢である総合事務所

DSC06474

DSC06475

その右にあるのが炭坑への入口、工員たちは階段を上がったあと巻き上げ機で秒速約8メートルの早いスピードで600メートル下までまず降ろされます

DSC06476

日本最古の鉄筋コンクリート造高層集合住宅です(大正5年築)

DSC06482

DSC06490

DSC06491

このあとは、上陸した東海岸から船に乗ってコンクリート集合住宅跡がひしめく西側にゆきます

つづく…

back to top