プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

QRコード

twitter

2007年04月25日

25年ぶりの床屋さん

 先日、25年ぶりに床屋に行きました。最近は美容院ばかりで、高校時代に行ったのが最後です。なぜ、美容院に行くようになったかというと…

 高校時代は「たのきんトリオ」というグループが流行ってまして、私も格好良く近藤真彦みたいな髪型にしたく、いつもの床屋へ行きました。小さいころから行っている床屋でしたので、少し照れながら
「近藤真彦みたいな髪にしてください」
と頼みました。

 床屋さんは張り切って、ぼくの髪にパーマを巻き始めたのです。初めてのパーマでした。

「しっかりかけといたでな。」

といわれ、鏡を見たら… そこには、グリグリにパーマのかかった自分がいたのです。

(まずい。明日、学校に行けない!!!!)

 床屋さんとしては、せっかくのパーマだからしっかりかけておくのが良い、と思ったのでしょう。わたしは何も言えず床屋を出て、その足で薬局に行きパーマ液を2回分買いました。

 そして、家に帰ってから半分泣きながらパーマを落としたものです。

 それ以降、二度と床屋というところに行くことはなかったのです。

 そして先日、髪を切ろうとどこかに美容院がないか探していたところ、オシャレな看板が目に入りました。「BARBER」と書いてあるので床屋と分かりましたが、美容院のような雰囲気の床屋でしたので、チョット期待を胸に思い切って入ってみたのです。

 店内はジャズが流れていて、待合い席にはマッサージチェアです。私は好奇心もあり、何もかも含まれた「ファーストクラスコース」というのをお願いしました。カットの他、頭皮マッサージ(抜け毛予防)、フェイスマッサージ、ハンドマッサージ、ネイルケアなどが含まれています。そしてカットする席にもバイブレータのマッサージが付いていいます。まさに王様気分のファーストクラスでした。最後はドリンクサービスまで付いています。

 パンフレットのキャッチコピーに
「男として生まれた喜びは何ですか。趣味ですか、お酒ですか、それとも…  それを実感してください。」
と書いてありました。

 なるほど。しばらく床屋が続きそうです。

back to top