プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2007年01月30日

久米神主さんと草薙の剣

 久米さんという当社が20年以上お世話になっている神主さんがいらっしゃいます。

地鎮祭などのときに、いつもお願いしている方です。

  先日「久米生光氏の宮司代替わりを祝う会」に招待を受け、行ってまいりました。

image001

久米生光さんは66才の方なので、いよいよ子供に代替わりなのかと思っていましたら、宮司のお父様が90才になられたので息子である久米さんに代替わりする、ということでビックリしました。

  ご本人も、「長いフリーター生活にいよいよ終止符を…」なんて冗談をおっしゃっていました。

image002

  てっきり私は、ごく普通の神主さんとばかり思っていました。

失礼ながらちゃんとした神社があるなんて全然存じ上げてなかったのです。
  招待状が来てから初めて知ったのですが、その神社は緑区大高町にある「氷上姉子神社(ひかみあねこ)」という知る人ぞ知る神社の宮司さんだったのです。

 この氷上姉子神社というのは、約1,300年前に熱田神宮が創建されるときに、現在のご神体である三種の神器の一つ「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)」を献上した神社であり、久米家は代々伝わる名家だというのです。 

久米さんは全く飾り気のなく、いつもニコニコされている方ですので、そんな偉い方だとは全く感じませんでした。

image003

  祝う会は熱田神宮にある熱田神宮会館の一番奥の大きな部屋で盛大に行われました。

多彩な招待客の顔触れで、久米氏の交際の広さに圧倒されました。建築屋さんはなぜか私だけの招待だったようです。

  久米氏の「とにかく来てくれた皆に楽しんでもらいたい」という趣旨のもと、まるで音楽祭のようでした。久米氏の飾らないところや、おもてなしの心というものに触れ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

自分もこんな心の一面を持てたらな、と思いつつ笑顔で家路に就きました。

back to top