プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2017年03月06日

愛知のオールドVESPAがTV出演

先日は私のベスパ愛についてのテレビ収録がありました。

 

番組名は、テレビ愛知の『極上ライフ おとなの秘密基地』です。

 

 

 

 

もともと私は、取材などはガラではないので、個人に関するテレビ出演などは受けないで来ました。 もちろん、安江工務店や仕事に関係する取材は全力で対応させていただいておりますヨ!

 

 

しかし、個人的には基本的に受けない方針なのです。

 

 

でも、今回は普段から愛車がお世話になっているベスパショップ 杉浦さんからのお声がけで、「ほんのチョット話してくれればいいから。」の言葉を信じ、杉浦さんのいち顧客としての取材と思いきや、ズルズルと引き込まれ、いつの間にやら主役になってしまってました。(汗)

 

 

 

 

 

 

取材内容は、私がいかに自分のベスパを愛しているか、という事です。

 

 

以前のブログにも書きましたが、私は一生涯買い替えることなく乗り続けることができるバイクをずっと探していまして、4年ほど前にイタリアのインターネット個人売買で見つけた1965年製造の自分と同じ年齢のベスパ125を個人輸入したのです。

 

 

自宅ガレージ前で、いろいろベスパ愛について語らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

走っているシーンの撮影もあるという事で、ベスパショップの杉浦さんも万一メンテナンスが必要になった時のため応援に駆け付けてくれました。(ていうか、元々杉浦さんが私に押し付けたんですから当然ですかな?)

 

 

 

 

 

 

写真左のグレーのベスパは映画「ローマの休日」でおなじみの1954年式VESPA125(フェンダーライト仕様)です、カッコいいです。

 

ベスパショップ杉浦を通じて知り合った多くの仲間たちにもご足労をいただいてしまいました。

 

 

 

 

 

 

仲間たちの中には、私なんかよりもベスパ愛が強い方がいっぱいいるのに、なんだか申し訳ない感じ。

 

 

皆が熱く語っているシーンが少しでも多く放送されるとイイナ。

 

 

 

 

 

 

私としては、一生涯このベスパを大切にしてゆくことと、住まいをリフォームしながら一生涯お付き合いしてゆくなど、事あるごとに会社のことと結びつけながら話したけど、そこはきっとカットでしょうネ。(笑)

 

 

取材依頼を受けたことをきっかけに、一度番組を見てみましたが、かなりマニアックな方々が出ていらっしゃいました。 私もベスパオタクみたいな感じで出ちゃうのかな… ちょっと心配です。

 

 

【放送予定】

4月1日(土)15時30分~のテレビ愛知の『極上ライフ おとなの秘密基地』(テレビ愛知のみのエリア)で放送予定です。

 

2017年02月26日

安江工務店のロゴの変遷

今日は最近ご質問が多い、会社名やロゴの件について書きたいと思います。

 

 

安江工務店ロゴの変遷については、過去から現在までに4種類のロゴが存在しています。

 

 

一番最初に誕生したロゴがこの①のロゴです。

 

 

① 1975年(昭和50年の会社設立ごろ)~

 

 

 

何とも硬い感じのいかにも工務店らしいロゴでした。

 

 

キャッチフレーズは「建築は、心のかよう対話から…」、なかなか渋いでしょ。

 

 

今から18年前の1999年に先代の社長から私に社長が代わるときに、会社名について先代からは、

 

「お前が社長になったら社名は好きなように変更して良い、『安江』の文字も無しでも構わない。」

 

と、言われました。

 

 

当時若干33歳であった私は、周りの若い創業社長の会社がカッコいい横文字の会社名を付けているのを見て、自分もそんな名前に変更してみたい、と思ったりしたこともありました。

 

 

しかし、もし横文字の会社名にしたら、せっかく社歴の長い当社と他の会社との区別ができなくなり、埋もれてしまうと考えたのです。

 

 

そこで、あえて伝統に重きをおき、会社名はそのままとすることにしました。

 

 

 

次の機会は2004年でした。

 

 

リフォームの事業に専念し、新聞折り込みチラシを折り込むようになってから4年ほど経った2004年です。

 

 

その年は3店舗目である中村店を出店し、「無添加リフォーム」の看板も掲げ自然素材のリフォームに本格的に取り組み始めたときでした。

 

 

お客様も増え始めてきたため、私に

 

(このまま『安江工務店』の名前で続けてゆくのがいいのか、いっそのことここで思い切って社名を変えてしまった方がいいのではないか?)

 

という思いが出てきました。

 

 

そこで、その時私は女性社員のみの6名でプロジェクトチームを編成し、次のように言いました。

 

「リフォームという仕事はその家庭の主婦の方が中心で行われています。これからリフォームの事業を大きくしてゆくには、女性視点が欠かせません。そこで、あなたたち女性陣に当社のCI(コーポレート・アイデンティティ)をお願いしたい。君たちで話し合った結果は必ず実行する。社名が変わるという結論になっても構わない。」

 

私が、先代社長から言われたことをそのまま彼女たちに言ったのです。

 

 

その結果出てきたのが下のロゴです。

 

 

さすがに、社名までは変えてきませんでした。

 

 

「建築は、心のかよう対話から…」のキャッチフレーズも、理念は変えず女性らしくシンプルになりました。

 

 

「話しましょ、たくさん®」がここで誕生しました。

 

 

② 2004年(平成16年)12月ごろ~

 

 

 

比べると、チラシも柔らかさが出ていますね。

 

 

 

ちなみに、この葉っぱのマークの意味は、自然素材を活用するという事と、小さな工事から大きな工事まで総合的に対応いたします、という事を表わしています。

 

 

 

次に変化があったのが、2011年です。

 

 

これは、社員も気づいていない人もいるほどの少変更でした。

 

 

③ 2011年(平成23年)4月ごろ~

 

 

 

このころは、刈谷東浦店が出店されたころで、従来の隷書体の文字では文字の線が細く、看板等で認識されにくいという声を反映し、文字を太くしたものに変わりました。

 

 

 

 

そして、今年の初めから、現在の第4番目のロゴに変更されたのです。

 

 

④ 2017年(平成29年)1月~

 

 

 

株式会社部分を外し、より安江工務店の文字が強調されるようにし、やや横長だった文字も正方形を基準にしましたので、比べてみると文字がやや縦長になった印象です。

 

 

ロゴの葉っぱ部分は、ハートのオリーブをモチーフにしております。

 

 

 

ハートのオリーブは、見つけると幸せになれるといわれており、安江工務店に関わる皆様の幸せを願っています。

 

 

白い漆喰とオリーブは地中海を連想させ、非常に相性がいいので、当社の「無添加厚塗りしっくい®」の象徴としてオリーブの葉っぱを採用しました。

 

 

マークのyasuéのe部分にはアキュート・アクセントをつけております。

 

 

これは、英語でyasueを読む際に、アキュート・アクセントがついていないと『ヤスー』と発音してしまうためです。

 

 

 

ちなみにPokémonのロゴにも同様の理由と思われるアキュート・アクセントがついています。

 

© 2016 Pokémon. © 1995–2016 Nintendo/Creatures Inc.

 

 

ロゴマークのyを枝にみたて、1本の枝であることを表しています。

 

 

また、大小2つの葉っぱは『小さな工事から大きな工事まで対応できる』ことも表しています。

 

 

この先いつかまた、ロゴや場合によっては社名も変わることがあるかもしれません。

 

 

しかしながら、私たちのお客様や関わる方々の幸せを願う気持ちは、ずっと変わることはありません。

 

 

今年から新しくなった当社のロゴを、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

back to top