プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

タグ

QRコード

twitter

2017年04月19日

自然素材の家づくりのきっかけ

この建築の仕事にたずわさって、もう26年経ちますが、仕事を始めて数年たったころから、ある思いにとらわれるようになりました。

 

 

「なぜ自然素材を使わないんだろう」

 

 

 

 

たとえば、ここ数十年の家づくりでは、壁材といえばビニルクロスです。それ以前に主流だった土壁や漆喰(しっくい)壁と比べると、ビニルクロスはパターンは無限、施工は簡単、価格も安いという、文句なしの建材です。

 

 

でも、私はビニルクロスが好きになれません。

ビニルシートに包まれているという息苦しさと、プリントやエンボス加工などで作るパターンの人工的な感じに、なじめないのです。

 

 

それに、ビニルクロスを貼るときの、糊に含まれる化学物質や、万が一燃えたときに発生する有毒ガスの危険性を考えると、積極的に使う気になれません。

 

 

「ビニルクロスが登場する前の家づくりに戻れないのか」

 

そんなことを、なんとなく考えていました。

 

 

厚塗りされた漆喰に家族の手形をつけた壁

 

 

でも、ビニルクロスに対して異を唱える人は周りにいませんでしたし、私自身「そうはいっても、他にやりようがないもんな」と思い込んでいました。

 

 

こういうとき、自分の身近なところだけで判断してはいけませんね。その後、各地で開かれる住宅関連の会合や講習会に参加しているうちに、私と同じようなことを考えている人たちに出会えたのです。

 

 

その中には、すでに自然素材を使った家づくりを実践している人もいました。彼らと情報を交換し合うことで、ようやく確信を得た私は、遅まきながら無垢(むく)材や漆喰といった自然素材の家づくりへの決意を固めたのです。

 

 

おもしろいもので、自然素材を推進する仲間うちでも、人によって考えが微妙に違います。

 

 

完全に自然素材のみで家をつくらなければ意味がないと主張する人もいれば、場合によっては化学建材もやむなしと考える人もいます。

 

 

私の場合は後者で、予算、住む人の健康状態、自然素材と化学建材の特長を総合的に考えて、その家庭に見合った結論を出せばよいと思っています。

 

 

 

 

自然素材を部分的にしか使わなくても、それなりの効果はありますし、逆に自然素材であっても体質によっては絶対に安全とは言い切れないからです。

 

 

自然素材と、現代の便利な化学建材をバランスよく住まいに取り入れることが、豊かな暮らしを作り出す家づくりのポイントの一つだと思うのです。

2017年04月11日

沖縄で漆喰シーサー作りを学ぶ

先日、某住設メーカーさんの招待旅行で、沖縄に行ってまいりました。

 

 

その日程の中で、自由時間が取れましたので、以前からチャンスをうかがっていた本格的な漆喰シーサーづくりを指導してもらいに北中城村に行ってきました。

 

 

漆喰シーサーは、沖縄独特の赤瓦の破片を組み合わせて骨組みを作り、「ムチ」と呼ばれる沖縄漆喰を塗りつけながら形作ってゆきます。

 

 

 

 

現在は作家ものの作品もお土産屋さんなどで売られていますが、元々は瓦職人さんが家主さんから仕事を請け負い、屋根の工事が終わった後、家主さんにお礼の気持ちを込めて職人自らが、その工事で余った瓦と漆喰で、シーサーを作ったものなのです。

 

 

ですから、屋根に乗ってるシーサーを見れば、どの職人さんが屋根を葺いたか分かるといわれています。

 

 

 

 

沖縄での屋根工事は、夏の太陽による炎天下の元、キツイ屋根勾配で重たい瓦を葺くということになり、大変つらい仕事だと思います。

 

 

しかし、そんな中で家主さん(お施主さん)にお礼の気持で漆喰シーサーを職人さんが作る、、、、そんなストーリーに私は惹かれたのかもしれません。

 

 

そういったこともあり、このたび北中城村で職人さんにご教授いただく機会を得たのです。

 

 

下の写真は、北中城村の職人さんの作品

 

 

 

 

沖縄の漆喰は、藁(ワラ)が入っていて最初は黄土色をしているのですが、半年もたつと白くなり、何年も期間を経ると下のように黒くなってきます。

 

 

 

 

まずはじめに、瓦を様々な形に割ってゆきます。

 

 

 

 

割った瓦を針金でつなぐために、ドリルで穴を空けます。

 

 

 

 

割って穴を空けた瓦を針金でつないでゆきます。

 

 

 

 

これが、針金でつなぎ、仮止めしたところ。

 

形になってきましたね。

 

 

 

 

ここにドンドン漆喰を塗りつけてゆく…

 

ここからがセンスの見せ所ですな。

 

 

 

 

職人先生の御指導もあり、迫力のある漆喰シーサーができました。

 

乾いた後、送ってくださいます。

 

 

 

 

こちらに届いたら、色塗りを行います。

 

たのしみ、たのしみ…

 

 

当社の「無添加厚塗りしっくい®」を使った、小さな漆喰シーサー作りのイベントも開催したいと思っています。

 

瓦の代わりに、素焼きの植木鉢が使えそうですね。

back to top